【芸能】エヴァ、コナンで年収7000万円、1億円邸宅『VIVANT』“ドラムの声”林原めぐみが声優界に呈した疑問「台本は読めるけど…」 [フォーエバー★]

【芸能】エヴァ、コナンで年収7000万円、1億円邸宅『VIVANT』“ドラムの声”林原めぐみが声優界に呈した疑問「台本は読めるけど…」  [フォーエバー★]

【芸能】エヴァ、コナンで年収7000万円、1億円邸宅『VIVANT』“ドラムの声”林原めぐみが声優界に呈した疑問「台本は読めるけど…」 [フォーエバー★]

1: まとめさん 2023/09/09(土) 07:56:30.94 ID:tY+edP999
9/9(土) 7:12配信

文春オンライン
林原のオフィシャルブログより

〈『VIVANT』と『スター・ウォーズ』に6つの共通点!「ストーリー展開から数字、服装まで…」最後は悪に堕ちたボスを息子が救い出すのか? TBSに聞くと…〉 から続く

【写真】全身真っ黒の林原めぐみ

 TBS系日曜劇場『VIVANT』で、公安捜査官・野崎守(阿部寛)の相棒・ドラム(富栄ドラム)が劇中で使用する翻訳アプリの声を演じるのは、声優の林原めぐみ(56)だ。誰もが一度はその声を聞いたことがある“レジェンド声優”の懐事情、そして――。

 林原は1986年、高橋留美子原作のアニメ『めぞん一刻』(フジテレビ系)の幼稚園児役で声優デビューを果たした。転機が訪れたのは1995年、アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』(テレビ東京系)で綾波レイ役に起用される。これが、彼女最大の当たり役となった。

「『エヴァ』は社会現象となり大ヒット。2021年にシリーズは完結しましたが、現在もパチンコ、ゲームなど関連商品が継続的にリリースされています」(アニメ関係者)

 1999年からはアニメ『名探偵コナン』(日本テレビ系)では、ヒロインのひとり・灰原哀の声を担当。これまで『コナン』の劇場版には計24作出演している。

アニメの仕事に加え、楽曲の印税収入も
 当然、収入も業界では桁違いだ。「エヴァ」ブームの直後、1998年、1999年の「高額納税者番付」に林原の名前が登場している。1998年の納税額は3200万円超。当時の税率から推定すると、年収は約7000万円に及ぶ。

「声優の平均年収は約200万円とされ、売れっ子でも1000万円に届くかどうか。それだけに、林原さんの凄さが窺えます」(声優関係者)

 彼女の場合、アニメの仕事に加え、印税収入も少なくない。自身の楽曲の作詞も手掛けるアーティストとしての一面もあるのだ。

「1997年にはシングルCDの売上が10万枚を超えるなど、声優アーティストとしては異例のヒットを叩き出しました。現在、声優が音楽活動をすることは珍しくありませんがそれも彼女が道を切り開いたからです」(同前)

 自身の絶頂期、プライベートでも変化があった。1998年、アニメ脚本家の男性と結婚したのだ。

全文はソースでご確認ください

https://news.yahoo.co.jp/articles/e819c9fa5ba3f0442981b65fbb601b213bb529a0?page=1
no title


続きを読む

続きを見る

まとめさんカテゴリの最新記事